10番の退団

日記

今週は選手の移籍情報が発表され、奇しくも横浜F・マリノス、アースフレンズ東京Zの両方から「10番」が去ることとなりました。

2017 横浜F・マリノス No.10 斎藤学選手

この移籍は、衝撃でした。
しかもよりにもよって、そのチームに・・・。

出身地が川崎市であることや代理人の絡みから、予感がなかったわけではないですが、
マリノスの10番を自ら背負い、マリノスのためにこれからも戦ってくれると信じていたから。
なんだろう。
僕の感情を表すとしても、今のところ(文字に起こせるレベルで)思いあたる言葉が見つかりません。
本人が選んだ道のようなので。さようなら。

この移籍に関してはいろいろな意見がありますが、
個人的には全面的にフロントが悪いわけではないと思うし、手を尽くしたのだと思います。
最後までファンへの情報統制はとれていたし。
だから2018シーズン、このクラブで頑張ろうと意気に感じてくれている新加入戦力(特に大津選手!)には能力をいかんなく発揮してもらいたいです。
それに何より、これであの案件が片付くのですから。もうネガキャンはごめんです。

17-18シーズン アースフレンズ東京Z #10 中川和之選手

中川選手(というかカズさん)の契約解除。
昨年終わりぐらいから、シーズン中にも関わらず突如音信不通になってしまい、クラブの広報物にも一切姿を見せることはありませんでした。
その時点でまぁなんとなく感づいてはいましたが、今回正式リリースとなりました。

音信不通になった際に、大きなけが、病気等を心配しましたが、そうではないようで安心しました。まぁこういうときの「体調不良」は建前ですよね笑。
じゃあ何があったのかと思ってしまいますが、詮索することはやめておきましょう。
ただ、アソシエイトキャプテンとして引っ張っていく、と言っていたけど、有言実行できなかった。ここだけは、僕はとても残念です。

カズさんの存在があったからこそ、今のアスフレがあるのだと思います。
コート内でも、コート外でも、SNS上でも、クラブの顔となってくれたこと、
「現代のファンサービスとは何か」を若手や外国籍選手に身をもって伝えていたこと、などなど貢献していた事を挙げていけば、枚挙にいとまがありません。
「カズトーク」(インスタライブ)でそれぞれの選手の素顔を引き出してくれたのも、本当に楽しくてありがたかったです。バーリーをレギュラー起用してくれてありがとうございました笑。

カズさんは何度も難局を乗り越えてきた方ですから、きっと今後も素晴らしい道を切り拓いていくのだと思います。他チームへの移籍もあるでしょう。もしそうであれば元気な姿を見に行きたいですね。
僕としてはこの年齢での海外挑戦をしてほしいです!

これまで本当にありがとうございました。

選手の移籍について

スポーツ選手がスポーツで稼げる期間は短いのです。
だからこそファンとしては、移籍に関する選手の意思は尊重するべき、と思います。
好きなチーム、好きな選手の移籍だと感情のコントロールが難しいですが。
「去る者追わず、来る者拒まず」の精神でないと、チーム・クラブのファンを長く続けてられません。
僕は毎年のようにこういう場面に接するので、だいぶ鍛えられました笑。
特に昨年、今年の衝撃を乗り越えたマリノスサポーターは肝が据わってるんじゃないですかね。
(とはいえ、とやかく言われたくない思いもありますが)
愛するクラブも決断したわけですし、新たに来る選手に期待してポジティブにいきましょう。

・・・とはいえ学の件は解せないけどね。

タイトルとURLをコピーしました