勝ち点45までの道のり

お久しぶりです。このブログやっぱり放置してしまいましたが、ちょっと書いてみます。今回はマリノスのお話。

2018年、横浜F・マリノスの戦い

アンジェ・ポステコグルー新監督が就任し、昨年までのエリク・モンバエルツ体制で作り上げたチームを昇華させ、魅力的なサッカーに変貌させている途上なのは間違いありません。ただやはり新しいことを始めるとうまくいかない部分も多いもので、リーグ戦ではなかなか勝ち点が伸びません。

一方YBCルヴァンカップでは決勝進出。結果は準優勝でしたが、意地とスタイルはある程度見せたのではないかと思います。まぁ負けたんで今でもめっちゃ悔しいですけど。

今年はまれにみる大混戦

リーグ戦ですが、マリノスは先週の長崎戦に勝利し、勝ち点41で11位。今季16位以上がようやく決まりましたが数字上J1残留は決まっていません。残り2節、下位8チームにJ2降格の可能性がある大混戦です。

目標勝ち点45

ここからが本題。
僕は毎年J1リーグを見る上で、ある目標勝ち点を指針にしています。

それは「勝ち点45」。

僕がこの「勝ち点45」を指針にしているのは、過去これを年間のチーム目標として掲げて戦って無事クリアしたチームがあり、その目標の持ち方に共感したからです。

それは2007年の柏レイソル。
この年の柏はJ1復帰1年目、いきなり優勝は望めないと判断したからか、石崎信弘監督がシーズン前の目標として掲げたのがこの「勝ち点45」でした。クラブ・ファン・サポーターがこの目標に向かって一丸になって戦い、結果としてレイソルはこの目標を見事に達成。最終的に勝ち点を50まで伸ばしたのでした。
僕もこのとき他チームのことながら、勝ち点45というラインは安全圏として適切だと感じたので、それから毎年「今年のマリノスは勝ち点45まであといくつ」と考えながら観戦しています。

柏レイソル Official Site
千葉県柏市をホームタウンとする、Jリーグ&#21152...

勝ち点45獲ったら地球滅亡

僕がこの「勝ち点45」で印象に残っていることがもうひとつ。
この時の柏サポーターは、目標勝ち点45獲得を「地球滅亡の日」ととらえ、ゴール裏に「地球滅亡まであと~」と毎試合カウントダウンしながら弾幕を掲げたりしてました。どうしてなのかはよくわかりませんが、こういうセンス嫌いじゃないので、やけに印象に残ってます笑。

第268回
「地球滅亡」へのファーストチャレンジ これはサッカー専門紙エルゴラッソ、23日柏...

マリノスの場合

さて、マリノスの話です。2005年以降の年間順位、最終勝ち点と、勝ち点45に達した試合数を一覧にしました。

優勝した翌年の2005年以降、シーズン終了時点で勝ち点45を獲得できなかった年はありません。
勝ち点45に達した試合数ですが、23~24試合目と早い段階で達している年と、28試合目以降で達している年に分かれます。意外と時期に差があるものですね。そして当然ですが早くに到達した年は最終順位がトップ5です。
これ見ると本当に2013年は惜しかったですね(ああまた悔しさが)。

残り2節で地球滅亡させたい

冒頭でも触れましたが2018年シーズンは残り2節。現在勝ち点41なので勝ち点45まではあと4。1勝1分でもよいのですが、ここは連勝してシーズンを締めくくってもらいたいものです。相手は鳥栖とセレッソ大阪。楽な相手ではないですが、ぜひ両方勝ってほしいです。そして地球滅亡させましょう笑。

タイトルとURLをコピーしました